ヤミ金からお金を借りたい場合

最近では法律でヤミ金に対する締め出され、世間的にも厳しい風当たりの風潮となってきたために昔のようなヤミ金は姿を消していきました。

しかし、どこの金融機関でもお金を借りることが出来なくなった人にとってヤミ金は必要な存在だともいえます。普通に探してもヤミ金を見つけることは難しいです。どうしても探したい場合にはその筋の人間と知人になり、紹介してもらうのが一番確実な方法です。

またダイレクトメールやチラシなどに詳細がかかれておらず、電話番号だけが記載されている金融機関はヤミ金の可能性が高いのでそこに電話してみると良いです。何の身分証がなくても住所や電話番号などを記載して判子一つでお金を貸してくれます。

とにかくお金を借りたい人にとってこの手際の良さが最大の魅力だといえます。またインターネットを活用すれば、すぐにヤミ金業者の方と接触することが可能です。お金に困っている人が多く集まる掲示板などでとにかくお金を借りたいことを書き込んで連絡先のメールアドレスなどを貼り付けておけば、業者の方が向こうからコンタクトしてくれることがあります。

その際に軽く条件などを説明してもらって、実際に会うまたは銀行口座に振り込んでもらうと良いです。


ヤミ金返済を遅延する場合における対応について

闇金取り立て 金策に困ってしまった方の中には、ヤミ金業者でお金を借り入れる方もいます。ヤミ金業者でお金を借りてしまった場合であっても、返済を滞らせてしまうなどの問題が発生しない限り、酷な取り立て行為が行われることはまずありません。

しかし、中にはヤミ金業者への返済を遅延させてしまう方もいます。返済を遅延してしまう理由は様々ですが、返済するお金がないのではなく、単に返済期日を勘違いしてしまい遅延させてしまうケースも存在しています。このような場合、理由の如何にかかわらず、ヤミ金業者が取り立てを始める場合があります。

場合によっては、勤め先の会社にまで取り立てに来る場合もあるため、遅延してしまった場合には速やかに対応を行い、このような取り立てが行われないように対処しておくことが重要となります。対応方法としては、電話やメールなどで遅延した理由を連絡し、しっかりとした説明を行っておくことが重要となっています。

信用情報にもかかわる内容となっているため、慎重を期して対応を行うことが必要です。このような対応にもかかわらず、酷な取り立て行為が行われてしまった場合には、弁護士や警察などに相談を行い、しかるべき対応を行うことになります。


うまい投資話は信ずるべからず

投資金融 私の知人の話です。数年前、韓国の金利が年7~8%付くと韓国に貯金する人が増えた時期がありました。

ちょうど私の知人も友人から「韓国にしょっちゅう行くから良かったらお金を預かって貯金してきてあげるよ、そのうちいくらか手数料は欲しいけどね」という話を持ちかけられました。

常識的に考えるとそんなうまい話乗るはずないと思いますが、1000万預けたら70~80万にもなる!と欲を出してしまったのか、知り合って間もない友人にあっさり1000万預けてしまいました。その後少しして帰ってきたその友人から通帳を受け取ったのですが、その日のレートもハッキリ分からず1000万を丸々預けて来てくれたのかも不明。

一応通帳を保管していましたが、満期になり下ろして来て欲しいと依頼すると突然怒り出したそうです。要するに1000万預かり、貯金する前に少しくすねていたので、それを知られる事を恐れ、怒りで誤魔化し、知人が韓国語を話せないのをいいことに、自分がいないと下ろしにもいけないだろうとそれを利用していたのです。

実際詳しいひとに概算で計算してもらった結果、200万弱ほどくすねており、それを問い詰めても何食わぬ顔でだから?という態度という酷い様。知人は家族に知られ散々怒られかわいそうな事に。

結局弁護士を立てて解決したようですが、70~80万の為に、200万弱誤魔化され弁護士費用まで掛けて、何をしているのかという状態。投資は自分の判断で自分が責任を持ってするべきだと痛感しました。


ギャンブルをする人にお金を大事にしている人はいません

ギャンブルで借金 お金の貸し借りをすると、お金だけではなく人格までなくなってしまうので、そのへんは本当に注意しましょう。とにかく、私の体験談としましては、ギャンブルをする人にお金を貸すのは、絶対に良くないことが分かりました。

貸した方もストレスが溜まりますし、借りた方も自分の為になるような使い方はしないからです。お金を貸して、勝った時には色をつけて返してくれると言う条件で、毎回2万円のお金を貸していましたが、そのうちにお金を貸すばかりで、金額が膨らんで行くことに怖くなりましたね。

そこまで大きなお金が動いたわけではないですが、最高で5万円のお金を貸していたので、いつ電話に出なくなるのかとビクビクしていましたね。

毎回、明日払います、の繰り返しだったので、いつか帰ってこなくなるのは目に見えていました。結局は、闇金融からの借金もあると分かって、弁護士も介入する大事件に発展するようになりました。お金を借りるとお金が勝手に増えてくれるものと勘違いして、心が大きくなって使ったりしてしまうのでしょうにね。

借金をする人は、お金が降ってくることはないと、しっかりと自分が分かっていなければいけないですね。貸す側も同じように、絶対にお金が帰ってくる保障はないと心得ておかないと、痛い目に遭います。お金は大事にしましょう。


借金をせがむ彼氏

借金をせがむ彼氏 以前あった話です。ある男性と知り合い、お付き合いを始めようとしたところです。付き合い始めてすぐに「お金を貸してくれない?」と言われました。さすがに付き合い始めでお金の貸し借りは…、と思って、貸すのはお断りしました。

その後、結局彼とは続きませんでしたが。貸したとしても、いつ返ってくるかはわかりませんし、なかなか返ってこなくて「返して」「いや、ちょっと待って」とあれこれやりとりするのも、正直面倒です。急な出費があっても慌てないよう、少しは貯金をしておいた方がいいと思います。

いつも借金をするようでは、計画性の無い人だと思われてしまいます。計画性の無い人だから、何かあったときに借金をせざるを得ない。計画性が無いときちんと返せるか疑問です。銀行や消費者金融から借りると利子がついて自分の首を絞めてしまいますから、きちんと返すように行動するでしょうが、友人など仲の良い人だと、つい甘えて、なかなか返さないのかもしれません。

友人など、人にお金を貸すときには、返ってこないのも覚悟で。お金で友人とトラブルになりたくなければ、心を鬼にして貸さないのもひとつの方法です。今度は借金をせがまない、豊かな男性とお付き合いしたいものです。

闇金相談